Members
教授
高橋幸生
准教授
篠田弘造
助教
石黒志
助教
姜正敏
Keywords
  • コヒーレントX 線光学
  • 放射光
  • 可視化計測
  • 情報科学

担当専攻 院工 金属フロンティア工学専攻 プロセス制御学講座
Web Site http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/takahashi-y/html/index.html

放射光計測と高度情報処理の融合による材料機能可視化への展開

実用材料の多くは、ナノからマイクロメートルまでの空間階層構造を有する複雑系です。したがって、新材料を設計・開発する際、ナノ・メソスケールでの微細構造と機能の相関を解明することが重要です。放射光を光源とするイメージング・分光技術を駆使することで実用バルク材料全体の構造・元素・電子状態を多元的に可視化することができます。特に、放射光のコヒーレント成分を利活用したコヒーレント回折イメージングは、X 線領域で未踏であったナノスケールでの構造可視化を実現する次世代の可視化計測法として注目されています。また、近年の情報処理技術の発展に伴い、3次元空間に分布する元素・電子状態の情報から構造−機能相関に関する特徴的な情報を抽出ことも可能になりつつあります。本研究室では、先進的X 線光学技術を駆使した次世代の放射光イメージング・分光法の開拓を基軸とし、高度情報処理技術を活用することで、実用材料の機能を可視化する共通基盤を構築することを目指します。

研究テーマ

©IMRAM Tohoku University