福山博之 (兼)
教授
打越雅仁
准教授
Keywords
  • 非鉄金属製錬
  • 都市鉱山
  • 熱力学
  • 超高純度精製

担当専攻
Web Site http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/nonferrous/

非鉄製錬業の安定的発展のために

社会基盤の基である金属素材の安定供給のためには、製錬業の安定的発展が望まれます。国内製錬業は、国内資源が乏しいことに加え、近年の鉱石の劣質化や、国際的競争の激化など、難しい状況にさらされています。銅、亜鉛、鉛、アルミニウム、貴金属類などの生産に関わる非鉄金属製錬業が持続的に発展するためには、

  1. 鉱石ならびに都市鉱山からの有価金属の抽出技術の先進化
  2. ゼロエミッション化に繋がる環境負荷副産物を活用する機能性材料の開発
  3. 未活用鉱石からの有価金属の効率的抽出技術の開発
などの課題解決が必須であり、そのための人材育成も欠かせません。 本共同研究部門は、金属資源プロセス研究センターとの密接な協力関係のもと、熱力学データの再検討を含む課題解決を目的とする研究を中心軸に据え、研究を通した社会人、大学生・大学院生の実践的教育による人材育成、非鉄金属製錬業界との連携による産業の振興を図ります。

研究テーマ

©IMRAM Tohoku University