Members
教授
岡本聡
准教授
菊池伸明
Keywords
  • 強磁性材料
  • 磁気計測
  • スピンダイナミクス
  • 高周波磁気応答

担当専攻 院工 応用物理学専攻 電子・分光計測学講座
Web Site http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/okamoto/

ナノスケールでの強磁性体の機能解明と高性能磁気デバイスの創出

強磁性体は情報通信、電子部品、モーター、発電機など、社会の至るところで広く活用されています。これら様々な磁気デバイスの多様な機能性は、すべてナノスケールでのスピンの振舞いにより発現するものです。つまり、ナノスケールでの磁気機能解明と高制御化が磁気デバイスの高性能化の鍵となります。例えば、マイクロ波周波数領域のスピンの振舞いを制御する記録技術( マイクロ波アシスト磁気記録方式) により、ハードディスクの記録密度を飛躍的に高められると期待されています。また電気自動車の高性能モーターに不可欠な永久磁石材料においても、ナノスケールでの粒子表面の磁化状態がマクロな永久磁石特性を決定付けており、高性能化を実現するための表面磁化状態の制御手法について研究を進めています。当研究分野では、このナノスケールにおける磁気機能解明とその制御に軸足を置き、次世代高性能磁気デバイスの創出を目指しています。

研究テーマ

©IMRAM Tohoku University