教授
佐藤俊一
准教授
小澤祐市
助教
上杉祐貴

Keywords
担当専攻 院工 知能デバイス材料学専攻 材料表面機能制御学講座
Web Site http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/sato-s/

光科学と物質科学の融合研究

レーザーを中心とする最先端のフォトニクス技術を駆使して、光と物質との相互作用の研究を進め、新しい材料の創成や機能の発現、プロセスの開発などを大きな目標としています。現在具体的に進めている主たる研究テーマは、高強度レーザー場によるシングルナノ粒子作製と、ベクトルビームに関する総合的な研究です。前者は、集光したフェムト秒レーザーパルスによって形成される強い光の場を新しい非平衡・非線形・超高速プロセスの場として利用し、分子の分解によって発生するラジカルや別種分子などによって、ダイヤモンド様カーボンや貴金属元素のシングルナノ粒子作製を行っています。これに対して後者は、光(電磁波)の本来の性質であるベクトル性を持ったベクトルビームについて、その物理的な性質を探るとともに、ビーム発生法の開発とビーム品質の改善に取り組みながら、レーザー加工や超解像顕微鏡などへの応用研究を総合的に進めています。

研究テーマ

©IMRAM Tohoku University